2010年04月27日

神戸ポートタワー LEDでライトアップ(産経新聞)

 “ミナト神戸”のシンボル、神戸ポートタワー(神戸市中央区)の改修工事が終了し26日、新たに取り付けられたLED(発光ダイオード)が報道陣などに公開され、記念日などを想定したライトアップのパターンが次々と点灯された。リニューアルオープンは28日。

 新しく取り付けられたLEDは約7千個で、曜日ごとに異なるパターンの点灯も可能。花火大会の日には花火をイメージしたもの、端午の節句にはこいのぼりを連想させるライトアップと、この日は考案されたパターンのうち40種類を2分ごとに披露した。

 28日の記念式典では、歌手で神戸大使の平松愛理さんが1日タワー長に就任。通天閣の「ビリケンさん」など近隣のゆるキャラも参加し、盛大にリニューアルを祝う。

【関連記事】
LEDの光輝く 神戸ポートタワーで試験点灯
神戸でマラソン大会構想、観光名所やスイーツPR
“46歳”神戸ポートタワーお色直し
パナソニック、業界初の発光部がななめ型のLED電球
東芝、明るさ2・8倍のLED電球技術開発
「裸の王様」次に座るのは…

<千日前線>電車床下から煙 乗客避難もけが人なし 大阪(毎日新聞)
財源捻出は期待薄=事業「廃止」、小粒が大半−事業仕分け第2弾(時事通信)
<足立火災>重体の女性死亡(毎日新聞)
首相、普天間で職を賭す 進退問題への発展も(産経新聞)
伊賀市 20人の“忍者”参上 ロケ地誘致目指し(毎日新聞)
posted by オオヤ キヨハル at 03:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。